92歳に負けるな65歳

ネギ床つくり、スコップで深さ30cmの溝を掘っていく、長さは20m余り、やってみると結構きつい作業である。
92歳になるお袋と同時スタート、それなりに頑張ってやっているつもりだが、差がつかない。
というか、ほとんど同じペースなのだ。ついスピードあげ、差をつけようとする大人気ない私でした。
結局は最後まで差がつかないまま終了、27歳のハンデを考慮すれば完敗ですな。
それにしても良く働く、本人曰く、動いていないと歩けなくなるのだそうだ。
長年患った足の関節は曲がり、とても歩ける状態ではないと思うのだが、気力で歩いているようなもの、このような状況でも好きな農作業になるとまた違った力が湧いてくるようだ。
人間長生きしたければ、身体を動かすこと、これに尽きるようですな。
f0195013_13345744.jpg

[PR]
by donkame-jr | 2014-05-05 14:17 | 日記 | Comments(0)
<< 老人用炊飯器あってもいいのでは ペインクリニックこれで終り? >>