危ない、危ない高齢者のつまづき

洗濯物を干すために外に出て、つまづいてそのまま顔面を強打したそうだ。
これは田舎のお袋の話、顔を見てびっくり、目の周りがパンダ模様、これでよく大事にならなかったものである。
つまづいた原因、本人曰く、めまいがしてふらついたのだとか。
やはり、92歳の高齢者を一人にしておくのは限界か・・・・・・
父親は胸の痛みを訴え入院中、こちらは94歳、最近体力の衰えが気になる。
いずれにしろ、自宅での介護は無理、老老介護になりお袋の体力が問題。
施設への入居を考えなければならないが、その方面は全くの素人、でも何とかしなければ。

ここは米軍基地周辺、今日も戦闘機が轟音をたて訓練飛行、背中に円盤を載せた早期警戒機も飛んでいる。米軍のシリア空爆が関係しているのかな。
[PR]
by donkame-jr | 2014-09-24 11:55 | 日記 | Comments(2)
Commented by pandamochi at 2014-09-24 20:12 x
老人は、自分の家が一番、落ち着くらしい。兄は、遠く離れた所に、母を連れて行き、嫁に介護させようとして・・・・母は、何度も、逃げようとして、連れ戻された。私が、車で、迎えに行き、ひとりでも、自宅で、介護ヘルパーを週に三回来て貰って、介護の手続きを私がして、介護マネージーと相談して、ヘルパーの予定を組みました。他人の嫁による世話は、問題がある。、夫は、海外。
老人の幸せは、複雑ですね。色々面倒を見ました。草取りまでもしました。毎日、夜の7時に電話。仕事をしていても、大変なので、やめました。病院に連れて行ったり、いろいろなことがありました。正月に、兄たちは、母の所に来なかった。親不孝です。母が死んだ後、私は、絶交しました。自分だけがそう決めました。兄の葬式には、行かないと決めました。教員をしてましたが・・人間として、やらなくてはならないことは、親孝行です。母は86歳でなくなりました。あなたも、大変だと思います。自分の家庭も守らなくてはならないし・・・距離が離れているし・・・時には、苛立つこともあるでしょう。
Commented by donkame-jr at 2014-09-25 11:19
介護大変だったのですね。
入退院を繰り返している父親、今後も病院とは切り離せないことになるでしょう。病院の系列介護施設などが候補になると思います。
月に何回かは自宅で過ごせるようにようにしてあげるのが、私のできることでしょうか。
<< 選挙で燃える県民性 野菜高騰、そんなの関係ねえ〜 >>