やはり自宅が一番のようだ

父が老人ホームにお世話になって2ヶ月余り、昨日はお袋と一緒に尋ねてみた。
待っていたようで何故かさっさと着替えを始めた。
どうやら、自宅での外泊ができるものだと思っていたようで、妹から今日迎えに行くと言われていたと言って聞かない。
余りの落胆に慰めようもない、かと言って妹の舅さんが亡くなって葬儀に来たとも言えない。
しからば、仙台の自宅に帰るのを数日延ばせば、何とかなりそう、11日に迎えに来て2日自宅に戻ることにして納得してもらった。
本人は老人ホームは嫌なようで、今すぐにも自宅に帰って生活するのを望んでいる。
どうやら、頭がしっかりしている父、これに対して入居者の大部分が痴呆、これでは友達も出来ずストレスが溜まるのは十分推測できる。
本人が好きなようにしてあげたいのだが、お袋への負担を考えると・・・・・
[PR]
by donkame-jr | 2014-12-08 11:51 | 日記 | Comments(0)
<< これが介護の始まり? いきなりドカ雪かよ >>