先が思いやられそう

施設に入居者している94歳の父親、自宅への一次帰宅の際、車イスでの生活となるため段差の改良、トイレの手すりの設置と改良が必要です。
ところが、一回介護保険を使っているために使えないことが判明、段差の改良、車イスでの乗り入れのスロープなどのレンタルが必要になりました。
トイレの手すりは私のDIYで何とかなりそう。
一応、受け入れ準備を整え、年末年始の一時帰宅のために父親を迎えに、自宅に到着し、居間に入るなり転倒、椅子に座らせるのに一苦労、やれやれ先が思いやられそう・・・・
[PR]
by donkame-jr | 2014-12-29 15:55 | 日記 | Comments(0)
<< 手すりのオーダーメイド これが介護の始まり? >>