車椅子もままならない

病院から病院傘下のホームに移って1年半、96歳になる父。
時々3泊程度の外泊許可を頂いて自宅へ戻ってくるのだが、入所当時は車椅子に自由に乗り降りできたのだが、今は介助を受けなければ全く無理。
食欲はあるのだが、食道が細くなってようで食事中に吐き気におそわれことも度々。
これまでできたことが少しづつできなくなっていく、まあ悲しいことであるがこれも人間の宿命と受けとめるしかあるまい。
f0195013_9324384.jpg

[PR]
by donkame-jr | 2016-05-11 09:34 | 日記 | Comments(0)
<< 老老介護は無理 アスパラガスは採れたてが一番 >>