平穏な生活に戻りつつあります

初七日も終わり普通の生活に戻りつつあります。
しかしながら手続きの多いこと、公共料金の口座引き落としやら何やら、手続きのための住民票、謄本などのやることは山ほど、それにしてもここの役場、時代錯誤も甚だしい、いったい町民を何だと思っているんだ。
とても、公僕とは思えない対応、上司に抗議してやるぞ。
お袋も94歳、記憶力は抜群なのだが同じことを何度も話すこと、以前にも増して磨きがかかった頑固さを見ると、そこそこに脳の老化はあるのだろう。
でも、痴ほうと呼べるレベルでないのは確か、このままを保って欲しいものだが・・・
それはさておき、留守宅も心配、二七日(十四日目)10月8日墓参りが終わったら一時帰宅するとしよう。
四十九日が十一月十二日、忌明けとなるのかな。






[PR]
by donkame-jr | 2016-10-06 12:00 | 日記 | Comments(0)
<< 中々手に入らない田酒をゲット 納棺師、見事な仕事 >>