BSアンテナ修理不能


キャンピングカーのCAMOS自動追尾BSアンテナ、CAMOSなる会社は韓国の会社だが倒産して10年、唯一の日本代理店に修理をお願いしたが、部品がないため修理不能とのことであるが。
それも本体側のF型接栓の断線だそうだが、それって修理できないの?
要は本体側の同軸ケーブルとキャンピングカー側からの太さの違う同軸ケーブルをつなぐだけだと思うのだが・・・・
芯線をハンダで、網線同士を繋げればいいのでは、これって何か問題でもあるのだろうか。
全く弱電の知識がない私、同軸同軸ケーブルについて勉強してみましたが、同軸同軸ケーブルを中継するコネクターがありそうだが、本体側のケーブルが極端に細く該当するコネクターがないようである。
それでは30万円と高価なものをみすみす廃棄することになるのは忍びないが、高い授業料だったと諦めるしかないか。
パラボラアンテナを導入、その都度衛星放送に合わせることも選択肢の一つ、衛星方向にセットするソフトもあるようだし、電源はテレビからとなれば発電機を回さなくても済みそう。思い切ってこの選択肢かえるか。




[PR]
by donkame-jr | 2016-11-15 15:20 | キャンピングカー | Comments(0)
<< ふるさとの山に向かひて言ふことなし 北国は既に真冬、積雪もあります >>