理念なき大統領

トランプアメリカ大統領の就任、45代の大統領になるそうだが、アメリカンファーストを掲げ、一国主義を最優先、世界との協調発展等の高貴な理念はなし、これでは日本の安倍首相の世界観の方がよっぽど世界のリーダーらしい。
アメリカの大統領は大きな権限をもっているそうだが、何でもできるわけではない。
最高権力者が企業を脅して雇用拡大を約束させるなどあまりにも小さ過ぎ、それも世界のリーダーたるアメリカ大統領の言葉であるから幻滅。
世界はグローバル化しており、企業もその中で生きるしかないのです。
企業のトップとしてやってきたのであるから、その程度のことはわかっているはず。

気がかりなのは安全保障、日米安全保障条約によって日本の防衛はアメリカに委ねているわけであるが、それとて未来永劫保障されているわけではない。
トランプ政権のような一国主義を掲げ、自国は自国で守るべきだとの考え、守ってもらいたいなら金を払えと、まるで同盟関係などなきがごとし、やはり自分の国を他国に守って貰うなど邪道なのです。
国連とてそうです。日本が仮に他国から侵略されても、ギャングの親分みたいな中国が常任理事国では拒否権を行使するだろうし、侵略の当事国になりうる国である。
今後、アメリカのとの同盟関係は大きく変わらないことを期待しているが、リーダーによっては安全保障が危機になる事もあり得るのです。
日本も綺麗ごとは言っていられません。
中国、北朝鮮からの脅威から国を守るためにも国防を真剣に考える時期に来ているかも







[PR]
by donkame-jr | 2017-01-21 11:05 | 日記 | Comments(0)
<< パソコン買い換え 冬の貴重な食糧 >>